電卓

その日のうちに借りられる

カードローンを扱っている金融機関の中には即日融資に対応しているところもあり、ネットで手軽に審査を受けられます。自動契約機や口座振り込みの時間帯は決められているので、即日融資希望の場合は対応時間内に済ませるようにしましょう。

詳しく見る

貯金箱

仕組みや返済方法

正しいキャッシングの使い方を行えば返済に困ることはありません。最初から返済できない金額は借りられないようになっています。長期で借りれば利子も加算されていますので、計画性をもってできるだけ早めに返済しましょう。

詳しく見る

財布を持つ人

多様な決済方法への対応

クレジットカードを利用している人の数は増加傾向にあります。クレジットカード決済を店舗が導入するためには、カード会社との契約やセキュリティの構築など煩雑ですので、クレジットカード決済代行会社を活用することが便利です。

詳しく見る

マネー

住宅ローンを賢く圧縮

フラット35とは、長期固定金利が特徴の住宅ローンですが、金利低下の局面には「借り換え」により対応ができます。手数料が無料であることや、同じフラット35同士での借り換えも可能であることから、比較的借り換えのハードルも低いと言えます。

詳しく見る

積み木

不動産を活用した借入

不動産担保ローンは、不動産を担保としてお金を借り入れるローンである。無担保ローンに比べ、多額の資金を借入しやすく、利息も低いという特徴がある。無担保ローンに比べると審査時間が長くなる傾向があるが、即日融資などの商品も出てきている。

詳しく見る

金利タイプを考える

男の人

変動金利と固定金利

不動産担保ローンを組む場合に、返済計画を大きく左右するのが金利のタイプです。金利のタイプには変動金利と固定金利がありますが、目的に適したタイプを選ばないと、返済計画にずれが生じてしまうことになりかねません。特に、不動産担保ローンを組む場合には、長期の返済期間を設定することが多いので、目先の金利だけにとらわれて金利タイプを選んでしまうと、計画以上に支払額が膨らんでしまう可能性があります。変動金利と固定金利は、どちらが優れているというものではありませんので、その特徴を理解したうえで、目的に応じたタイプを選ぶことが大切です。変動金利の場合、契約に基づいて定期的に金利が見直されますので、金利が下がれば返済額も下がる可能性があります。また、一般的に固定金利よりも低い金利で設定されていますので、直近の金利負担は軽減される傾向にあります。ただ、金利が上昇すれば返済額も増えるというリスクもあります。一方、固定金利は返済完了まで金利が変わりませんので、将来的な返済計画にずれが生じることがありません。リスクは軽減されますが、変動金利に比べると高い金利設定になっています。不動産担保ローンを組んで、どのように資金を活用するつもりなのかによりますが、長期ローンを検討している場合や計画的な返済を望んでいる場合には固定金利がお勧めです。不動産担保ローンの場合には固定金利タイプを提供している場合が多く、必要に応じて繰り上げ返済をすることで返済計画を効率的に見直すことができます。