希望の品が選べる住宅エコポイントのポイント利用法

Real estate

エコポイントの活用

消費税増税の影響で住宅建設が低迷している

日本では既に世帯数を大幅に上回る数の住宅が建設されています。したがって全国に多くの空き家が存在しています。昨年の消費税増税に対する駆け込み需要で住宅建設は一過性で伸びましたが、反動の影響で現在は住宅建設が大幅に減少しています。こうした状況を踏まえて、行政サイドでは住宅の建設を後押しするために住宅エコポイントを再導入することを決定しています。現在行われている国会で予算が成立すれば実際に復活することになります。住宅建設の後押しとしては既に親から子への住宅資金の援助枠の設定や住宅ローンに対する減税などが実施されています。住宅エコポイントは金額的には大したことはありませんが、希望の品物が選べる点で喜ばれています。

省エネやバリアフリーで金額が増額になる

住宅エコポイント制度は東日本大震災以後のエネルギー問題を少しでも緩和しようということで導入された制度です。省エネルギーを採用した新築やリフォームに対して住宅エコポイントを付与するということです。申請は施工業者が行いますので、建築主は事前に施工業者とどの部分が住宅エコポイントの対象となり宇工事かを確認しておかなければなりません。ペアガラスや節水型トイレの採用などが一般的で多くの過程での採用が進みました。今回の住宅エコポイントの採用でも改めて省エネが意識されることが予想されます。住宅エコポイント制度で注意しなければならないことは対象工事があるということと予算には上限があるので申請は早い者勝ちで枠が一杯になったら申請できなくなるということです。

インフォメーション

不動産と登記簿

不動産はまず登記簿の確認が大事です。特に不動産を購入する時は登記簿で所有者を確認する必要があり、謄本取得を行います。登記簿には様々な不動産に関する情報が載っています。

詳しくはコチラ

不動産売却と査定

不動産を売却する時はまず査定を行う必要があるでしょう。この査定では不動産が持つ資産的価値を知ることが出来、適正な価格で売却できる可能性が高まります。一括で申し込むことが出来ます。

詳しくはコチラ

不動産の売却

不動産の売却は土地も込めて売却する場合が多いです。そのため土地の不動産査定によっては総額が大きく異なる場合があります。土地の値段の相場とタイミングをしり、より高値で売れる時期を探る必要があります。

詳しくはコチラ

ローンの支払い

住宅ローンの支払いができなくなった場合、不動産が競売にかけられてしまう可能性があります。場合によっては購入時より大幅に査定額が低くなってしまうこともあるため、不動産査定を事前に行なっておきましょう。

詳しくはコチラ

ピックアップ

効率よく探す

不動産の情報は、インターネットを利用すると簡単に得られます。希望する地域を指定し、間取りや部屋の広さなどの希望もネットで簡単に探せるため、効率よく探すことができます。

もっと読む