住宅ローンを賢く圧縮

マネー

金利が低下したら

住宅を購入する際、真っ先に考える住宅ローンの一つがフラット35ではないでしょうか。フラット35とは、民間の金融機関と住宅支援機構が提携して提供している住宅ローンの為、公的性格が強く、低金利かつ長期固定での借入れが可能です。最長35年に亘り金利が変わらないため、将来的な金利上昇リスクに備えられるというメリットがあります。しかし、意外と知られていないのが、金利が低下してきた場合にも「借り換え」を行うことで対応できるという点です。借り換え手数料が無料一般的な住宅ローンでは、契約期間中に別の商品に借り換えすることも可能ですが、事務手数料として数十万円かかってしまいます。しかし、フラット35の場合は無料です。通常、金利が変動したからと言って一度ローンを解約してまた同じローンを組みなおすということはできませんが、フラット35の場合には可能です。借り換えを行う際には、事務手数料の他にも諸費用として印紙税、抵当権設定し直しの費用、司法書士報酬、物件検査手数料がかかります。しかし、これらの費用を支払っても、ローン残高がたくさん残っているケースでは借り換えた方がお得になる可能性が十分にあります。最近では、借り換えシミュレーションのできるサイトや金融機関も増えているのでそれらを利用し、検討してみると良いでしょう。以上のような特徴から、フラット35は借り換えが比較的しやすいローンと言えます。借入れがすんだ後も、金利変動をチェックして、契約時よりも低金利になっている場合には、借り換えを検討してみるようにしましょう。