不動産を活用した借入

積み木

無担保ローンにない魅力

住宅や土地などを有しており、その上で多額の資金を借入したいという人は、不動産担保ローンを利用すると良い。不動産担保ローンは、不動産を担保として借り入れするローンである。土地や建物など不動産を有している場合に利用でき、無担保ローンに比べた場合の魅力がある。不動産担保ローンの魅力としては、多くの資金を借入しやすいということがある。担保として建物や土地を出すことで、銀行は資金回収できなくなった場合それを売却して資金回収できる。その為、無担保ローンに比べ銀行側のリスクが少なくなる。それにより、銀行は差し出される担保の価値に応じて、お金の貸し出しを行っている。また、低金利で借り入れできることも不動産担保ローンの魅力である。銀行側としては、返済不能となった場合のリスクが少ないため、金利を低く設定しやすくなる。その為、借り入れる側としては低金利での借り入れができる。一方、不動産担保ローンでは、不動産価値を算定した後に融資を決めるということがあるため、審査に時間がかかりやすいということがある。また、返済不能時には担保を消失する可能性もある。融資を受けるまでの期間に余裕があり、確実に返済できる見込みがある場合には、低金利の不動産担保ローンを活用することの魅力は大きい。審査機関については、最近では不動産担保ローンでも短時間審査を行う金融機関が増えている。その為、融資までの時間を短縮したい場合には、これらを基準として探すと良い。