希望の品が選べる住宅エコポイントのポイント利用法

Real estate

ローンの支払い

競売までの流れについて

数千万円レベルの大金が必要な場合、金融機関から借りる場合は、自己所有の土地や建物の不動産に抵当権を付けて借りることは可能です。 例えば2500万円のお金を借りたい時に、自己の建物や土地の価値が2500万円だとすれば、その土地、建物を担保に入れてお金を借りることができます。このようにお金を借りる時はいいのですが、問題はそのお金が返せなくなった場合です。 例えば、2500万円でラーメン屋を始めたけども、思ったよりも儲からずに赤字が続いて資金が底をついたときに、期限までに借りた2500万円を返すことが出来なければ抵当権を設定した不動産は競売に出されることになります。競売をする場合にはひとつ問題があります。

任意売却のメリットについて

競売をする時の土地の価格や建物の価格は抵当権を設定した時よりも高くなることは稀で、普通は建物に関しては価値は確実に下がっていますし、土地についても価値が上がりにくくなっています。そうだとすれば、すでに土地や建物には2500万円の価値がないため、2000万円でしか売却をされなかったとします。 その場合、2000万円は債権者に渡りますが、残りの500万円は債務者が支払うしかありません。しかし、債務者もすでに赤字の状態ですのでもは自己破産をするしかなくなります。 そのようになることが想定されるため、最近では競売前に任意売却を行います。任意売却のメリットは競売よりも高く売れることです。このように任意売却は注目を浴びており、任意売却をして競売を避けることが当たり前になってきているのです。